TOP> こだわり
こだわり
キムチづくりに欠かせないのはなんといっても愛情
キムチづくり
半世紀以上経った今も変わらず思い続けているのは、わが子を育て、送りだすような思いでキムチをお届けしているということです。
素材や製法にこだわるのは、そういう思いからです。
これからも愛情たっぷりの安全でおいしいキムチをお届けしていきたいと思います。当店ではキムチを9種類ご用意しております。
1人1人に好みの味を知ってほしいという願いが形になりました。
是非当店にて相性の合うキムチを見つけてくださいませ。
(会長:星山 連順)
目利きが選ぶ白菜
最高の白菜は、身が分厚いにもかかわらず柔らかく、白菜本来の甘みが味わえます。当店では、知る人ぞ知る白菜の目利き「北尾商店の北尾さん」が厳選した白菜を使っています。他店さんが聞いたらビックリするような高値で取引される日本最高級の白菜です。
白菜の旨み・甘みを感じてください。
白菜
天日干しの唐辛子
キムチといえば唐辛子です。当店が選んだのは、天日干しの韓国種の唐辛子。辛さの中からじんわり甘みが広がり、他の唐辛子では出ないキムチが作れます。
スーパーのキムチと違って「辛いだけじゃなくて旨味がすごい!」と好評な理由の一つです。さらに、合成着色料がなくても色鮮やかなキムチが作れるのも特徴です。
唐辛子
瀬戸内海のあみえび
本場の韓国のキムチに絶対に欠かすことが出来ないのがあみえびです。天然ミネラルたっぷりのアミエビの塩辛が出すコクと、唐辛子の辛味と混じりあい、絶妙のハーモニーをかもし出します。アミえびの塩辛はネギと混ぜて豚肉に乗せて食べても抜群に美味しいです。
瀬戸内海のあみえび
沖縄の塩
塩漬白菜、薬念ともに、味の決め手となるのが塩。
白菜キムチは少量の並塩でやわらかくしてから満遍なく沖縄の塩を振っていきます。塩加減の非常に難しい白菜キムチだけに、旨いキムチをつくるには素材の旨みを最大に引き出す塩が必要です。その沖縄の塩とは、輸入天日塩と沖縄の海水から作られた塩水を日本最大級を誇る特製の平釜でゆっくり煮詰めて塩を結合化させた「古式平釜塩」です。ミネラル豊富でまろやかなコクをもたらしてくれます。
沖縄の塩
back to top